ネパールでは日本よりも安く、色んな物を買ったり作ったりすることができます。先日、ネパールで初めて眼鏡を作ってみました。安くてそこそこの眼鏡を作れるよーと友達から聞いたことはあったんですが、僕は視力は弱いもののコンタクトレンズ男子なので、あまり眼鏡は使っていなかったんです。

でも安く作れるし話のタネにもなるし、たまには眼鏡男子になるのもいいかなと思い、家の近所の眼鏡屋さんを訪ねてみることにしました。サングラスはネパールで幾つか買ったことがあったんですが、今回は視力検査をして、度入り眼鏡を作ってみることにしまして。

DSC09740

こちらが近所の眼鏡屋さんです。この奥のスペースに眼科医のいる部屋もあり、そこで診察&視力検査をしてくれます。コンタクトレンズを使っている人は、半年に一回くらいは眼科に行ったほうがいいんですよね、本当は。でもネパールに来てから眼科に行くことはなかったので、今回一応検査してもらって良かったです。

DSC09743

まずフレームを選びます。ずらーっと並んでいる眼鏡のフレーム、幾つか見てみると手に取ってみたものすべてに『MADE IN ITALY』と書いてあることに気づきました。それで「へーこれはイタリア製なの?」と聞いてみると、

「全部のフレームにMADE IN ITALYと書いてあるよ!」と言ってニヤっと笑う店主。

やっぱり。書いてあるっていうだけですね。まあネパールのお店だし値段もイタリア製とは思えない安さだし、分かっていたことではありましたが。そう、決してイタリア製と偽って高く売りつけようというわけではないのです。この、イタリア製と書くことで少しでもオシャレ感を出したいという、田舎者の発想というかネパール人なりに背伸びしている感、僕は嫌いじゃないよ?笑

ネパールのいいところは、安い値段でそれなりに質の良い偽ブランド品が手に入ることです。全部偽物だということは分かっていますので、特に騙される心配はありません。そのうえで、自分の目で質を確かめて買えばいいだけのことです。

というわけでこの店のMADE IN ITALYの眼鏡の中から、そこそこシャレオツなフレームを選びました。僕が掛ければ、そこそこシャレオツな眼鏡もまあまあシャレオツな眼鏡に見えるから大丈夫かなと!

レンズは値段の違う4種類の中から選ぶことができるということでした。幾らのレンズにする?と聞かれたんですが、「そんな値段だけ言われても違いが分からんから決められないでしょ、これだからネパールは。見せるか説明するかしろよ」と思いつつ、でも結局「初めてだし安めのレンズでいいか」と、サンプルを見ることなく決めちゃったあたり、僕もネパール人化してきたなぁと感じます。

そんなこんなで出来上がった眼鏡はこちらです!

じゃじゃーん。

DSC09758

お幾ら万円に見えます?

日本で買ったらどれくらいでしょうかねぇ。日本でも最近は百均ショップで眼鏡を買える時代になりましたので、本当にピンキリっていう感じですよね。日本にいる僕の母は、ダイソーで買った老眼鏡を使ってますし。

でも一応視力検査してレンズを作ってくれた眼鏡ですからね。日本で買うとしたら、そこそこのお値段になるんじゃないかと想像します。今回僕が買った眼鏡、皆さんでしたら、お幾らまでなら出せますか??

じつはこの眼鏡、フレームとレンズ、診察料も合わせて合計1,000ルピーでした!日本円にしたら、大体1200円くらいということですね。どうでしょう?それなりにイイ買い物だと思いませんか?

ちなみに内訳は、フレームが450ルピー、レンズが400ルピー、診察料が150ルピーでした。レンズは200、400,1000、1500という種類がありました。高いレンズほど薄くて丈夫なものになるそうです。実際どんな違いがあるのかは見てないので分かりませんが、次はもう少し高いレンズで作ってみようかなと思っています。

フレームは偽ブランドものだし、安物だっていうのはすぐばれそうな眼鏡ではありますが、そこそこカッコイイものが安く手に入ったということで僕は気に入っています。この質と値段なら、あと何個か作っておいてもいいなと思いました。

メガネ男子・メガネ女子の皆さん、ネパールでは簡単にバリエーションを増やすことができますので楽しいですよ♪ ぜひ新しいのを作ってみてくださいね。