カトマンズには多くのネパール料理店がありますが、多民族国家であるネパールでは、それぞれの部族ごとの民族料理も多数あります。ひとくくりに「ネパール料理」とされることもありますが、チベタン料理やタカリ料理と呼ぶほうが正確なものもあります。

そんなネパールの民族料理の中でもよく見かけるのが、ネワール部族のものです。ネワール族は主要民族ではないものの、主にカトマンズ盆地に住む民族であるため、カトマンズ市や近郊の都市ではよく見かけます。

僕の印象ではネワール族は辛いもの好きな人が多く、ネワリ料理もピリ辛なものが多いようです。バフ肉を始め肉が好きというイメージもあります。もちろん個人差がありますけどね。

カトマンズには多くのネワリ料理のレストランもあり、そこでは様々なネワリカナやネワリカジャを楽しむことができます。そうそう、何となくお酒に合う料理が多いのも、ネワリ料理の特徴のような気がします。

ネワール料理の中でも僕が好きなのが、今回ご紹介するウォーとチャタマリです。どちらもお好み焼きかピザに近いイメージかな?と思います。お店によってけっこう見た目も味も違うものなので、レストランごとに工夫してるみたいです。

DSC00755

まずこちら↑が、僕のお気に入りレストランで提供されているチャタマリ。クレープのように薄く伸ばした米粉の生地に、バフの挽肉やたまごがのっています。米粉の生地はパリパリに焼かれていて、ジューシーなバフの挽肉とぴったり。ピリ辛でビールによく合う美味しさです。

ネパールのピザ!とか、ネワールのお好み焼き!などと紹介されることも多いですね。何かに例えようと思ったらそんな感じになるんでしょう。でも僕のイメージではクレープに近いかなぁ。

DSC00782

続いてこちら↑が、ウォーです。ウォー(バァラとも言います)は豆をすり潰して生地に混ぜ込んであるようで、ふわふわした食感の生地。すごく柔らかいお好み焼きかパンケーキかという感じです。こちらも挽肉と卵が入っています。

今気づきましたが、ウォーもチャタマリも同じ材料使ってるな・・・同じレストランのメニューですから、使い回ししてるのかも。笑 挽肉はマサラで味付けしてあるのでカレー味です。チャタマリはほとんど辛さはないように思いますが、ウォーは汗が出るくらいマサラが効いていました。

カトマンズ近郊を始め、ネパールには多くのネワール料理のレストランがあります。一般的なネパール料理のお店よりネワリ料理に特化したお店のほうが、より個性的なものを食べられると思います。バフ(水牛)の脊髄とか脳を使った料理もあるので、興味のある人はチャレンジしてみてくださいね~。