ネパールの食べ物は、基本的に辛いものが多いです。マサラをふんだんに使ったスパイシーな料理を好むのがネパール人。素材の旨みを生かすみたいな考え方はないようで、とにかく濃い味付けが好きなようです。

辛いものが好きなネパール人ですが、同時に甘いものが好きという人も多いようで、甘ーいお菓子がたくさんあります。これも日本人の好みを超えた甘さで、僕はとてもじゃないですが食べられないレベル。自分で買うことは基本的にありません。

そんなネパールの激甘カジャの中でも代表的なのが「ジェリ」です。「ジレビ」とも呼ばれるこのお菓子は、ひとつ食べるととんでもない量の油と糖分を摂取してしまいます。そんな揚げ菓子「ジェリ」はこちら。

DSC07508

カジャ屋さんに積みあがっています。お店によって微妙に形(模様?)が違いますが、編み込んであるような形をしているのが特徴です。揚げた後、たっぷりのシロップに漬け込んで甘ーく仕上げていきます。

どれくらい甘いのか、ネパールに来たら一度は試してみていただきたいものではあります。日本人の評判を聞くと「殺人的な甘さ」とか「一口食べたら鼻血が出るレベル」とか「生活習慣病製造機」とか、ひどい言われようですけどね。笑

でもこれはあくまで僕の個人的な意見+少数の友達の意見です。当然ながら、ネパールでは人気のカジャのひとつであり、外国人でも好きな人はよく食べているようです。甘いもの好きな人は気に入るかもしれません。

DSC06546

僕は自分では決して買わないのですが、友達がくれたり仲良くなったお店の人がサービスしてくれたりすることがあり、そういう時はちょっと大変。ひとつ食べきるだけでも難しいので・・・。ちなみにネパールでは、この写真のように使用後のノートにお菓子を包んでくれることがあります。これもひとつのリサイクルですかね。

ジェリはとにかく、べったべたにシロップと油がしみ込んでいますから、もし好きだとしても食べ過ぎには注意です。ネパール滞在が長くなり、なおかついつもレストランやお店で食事をしていると、油・糖分・塩分は摂り過ぎになりがちです。

激甘カジャもたまにはいいですが、食べ過ぎには気を付けてくださいね。よく飲むチヤもけっこう砂糖が入ってますし、ネパールに来てから何キロも太ったっていう日本人は、結構いますから。。。