日本人が英語を話す時にもひとつの壁となるのが、RとLの発音の違いです。「RA」も「LA」も日本語で表記すると「ラ」になりますから、同じ音に聞こえるという人は少なくありません。そして本来Rの発音の時は舌が震わせる必要があるわけですが、これができない人もいます。

ネパール語にもRとLに相当する字がそれぞれあり、使い分けなければネパール人に通じないことがあります。僕もいつも気を付けていますが、単語ごとにRなのかLなのか覚えておかないと間違えることがありますし、そもそも発音が良くなくて通じないこともあります。

そして日本語で「な・に・ぬ・ね・の・ん」に相当する語も、ネパール語では2種類あります。そして日本人の「ん」の音は「む」になってしまっていることが多いので、これも注意が必要です。

RとL、MとNの音の違いを、耳で聞き分けられる、その音を自分でも出すことができる、という人は上達が早いと思います。英語など他の言語を学んでいる人は習得しやすいものみたいですね。

でも耳で聞いてもなかなか違いを聞き分けられないという人、聞き分けられるものの自分で上手に発音することができないという人ももちろんいます。僕がそうでしたので、そういう人のための、ちょっとしたコツをお伝えしましょう。(受け売りですけどね!)

 

●聞き分けられない音は、音ではなく唇や舌の形で覚える

音を聞いて聞き分けられないのであれば、ネパール人の口の形で覚えると分かりやすいと思います。実際にどうなっているのかは文章で伝えるのは難しいので、本当はネイティブのネパール人の舌の位置や唇の形をよく見て学ぶのが良い方法です。

でも一応ここでも説明しておきますね。まずRとLの舌や口の動きはどうなっているでしょうか。Rに相当するネパール語の「र」は、英語のRと同じく舌を震わせます。なので口は半開き、震えた時の舌がかすかに見えると言う感じです。

Rに関しては、分かっちゃいるけどできないと言う人が多いですかね。僕もずっとそういう感じで、聞き分けられるし自分ではRと言ってるつもりだけどできてない、という状態が続いていました。でもだんだん舌が慣れてくるみたいなので(舌も筋肉の塊ですからね)、練習あるのみです。

意外と難しいのがLに相当する「ल」の発音。Lは日本語のラリルレロと同じだよと考えている人もいるようですが、じつは違います。「ल」の発音の特徴は、最後に舌を前歯の裏あたりに引っ付けること。

ネパール人が「ネパール」と言うと、最後のルの時に口が半開きになり、舌の裏側が見えます。英語表記でも「Nepal」となっているように、最後の「ル」は「lu」ではなく「l」だからです。日本語で「ネパール」というと最後の「ル」は「う」の口になりますが、本当はそうしてはいけないんです。

 

日本語では「ん」と発音する時は軽く口を閉じると思います。特に最後が「ん」で終わる言葉、うどん、カツ丼、ラーメン、飴ちゃん、などなどは、最後に軽く口が閉じませんか?そうなっているとしたら、ネパール人の耳では最後はMの音に聞こえます。うどむ、カツどむ、らーめむ、飴ちゃむという感じになるわけです。

日本語の「ん」に相当するデバナガリ文字は「न्」と「ण्」です。「न्」を発音する時は、口は半開きになり軽く舌が出ます。前歯の前に舌が出るのが特徴で、この舌の形になっていないと違う音になってしまいます。

「ण्」は、こもったような「ん」の音になります。口は日本語の「お」の形に近く軽く開けて、舌は丸めて口の上に引っ付けます。この時も口は閉じないように気を付けましょう。

いやいや同じやん!と思っちゃいそうですが、ネパール語的には違うんですよねぇ。でもこれも慣れですから、だんだん聞き分けられるようになってきます。最初は口や舌の動きで覚えていけば、大体通じると思います。

ネパール語の音の違いを聞き分けられないという時は、ネパール人の口元をよく観察しましょう。いまいちネパール語が通じないと言う人は、口の形、舌の位置や動きに注意して発音してみてください。

そしてデバナガリ文字でどのように表記するかも覚えていけば、ネパール語がぐんと上手になっていくはず。ひとつひとつの単語を覚えるのは大変ですが、少しずつがんばりましょう。僕も日々勉強を続けています。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ネパール [ 野津治仁 ]