ネパールに住んでいると言うと、日本人の反応は大きく分けて二つに分かれます。「ネパールって寒いんでしょ?」もしくは「ネパールって暑いんでしょ?」なんか人によってイメージが違うみたいですね。笑

実際はどうなのかと言いますと、どちらも正解。地方によって違うからですね。日本もひとくくりに暑いか寒いかだけで説明できないのと同じく、ネパールも地方や時期によって気候が違います。日本のような春夏秋冬ではないですが、夏は暑いし冬は寒いって感じですね。

ネパールの緯度は奄美大島とか沖縄と同じくらいなので、熱帯地方に近い亜熱帯に位置しています。なので基本的には日差しが強く暑いわけですが、カトマンズを始めほとんどの地域は標高が高いため朝晩は冷え込みます。カトマンズは盆地なので周りの山々と比べると標高が低いんですが、そのカトマンズでも1300mくらいの高さ。日中と朝晩の気温差が激しいのが特徴です。

一方ネパールの南側一帯にはタライ平野が広がっていますが、そのタライ地方は海抜ほぼ0メートル。なので非常に暑く、夏は45度以上になることもよくあるそうです。この数字を聞いただけで、うへぇってなっちゃいます。ここで生活してる人たちは本当エライ!

季節は主に乾季と雨季があります。そろそろ乾季が終わり雨季に突入しようとしていて、少しずつ雨が降るようになってきました。そして日中は3月の時点で30度以上の気温になります。夏!という感じの季節になりつつあります。

 

そういうビールが美味しい季節が近づいているということで、ネパールのおつまみ料理もご紹介しておきたいと思います(笑)。ネパール料理というよりは、ネパール風の味付けをしてある肉料理って感じですけどね。一昨日は近くの食堂でビールが欲しくなる一品をいただきました。

DSC07487

鳥の砂肝です。ピリ辛に味付けしてありますし、肉が新鮮なのでコリコリかつ柔らかで美味しかった!先週体調崩してましたのでね、ちょっと肉を食べて体力つけなきゃと思いまして。

同じく風邪を引いて数日ほとんど何も食べてないという友達と、一緒にいただきました。病み上がりの人が食べるものでは全くないわけですが、けっこうがっつり食べてました。ネパールに住んでると胃腸を壊すか胃腸が強くなるか、どちらかのようです。その友達はもちろん後者(笑)。

うちにはベランダがあるんですが、暑くなってきたら、七輪でも買って焼肉しながらビール飲んだりしたいんですよねぇ。もしくは屋上をビアガーデンにするか(屋上は別のネパール人家族が使っているスペースですが)。この日はそれに備えて、夏にぴったりな肉メニューを試してみたというわけです。

近所でこんなに美味しい肉を調達できるということが分かったので、あとは七輪かそれに代わる道具を調達するだけ。ネパールのは日差しが強くなかなかですが、楽しみができました。七輪って普通に手に入るのかな? 売ってるところをご存じの方がいたら、ぜひ教えてくださーい。