今週は風邪っぽかったようでグダグダの一週間になってしまいました。いろいろやりたいことあったんだけどなぁ。健康には自信があるほうだったんですが、無理してはいけませんね。今までとは気候も食事も違うし、ついでに歳もとってるし。

ネパールで病気になった時に困るのが食事。ネパール料理の中には病気の時に食べたいようなものがないんです。というか、いわゆる病人食は、日本とネパールとでは考え方が違うんですよね。ネパール料理にもおかゆのようなものはあるんですが、やっぱり日本人が食べたいようなものではない。なのでネパールで病気のお見舞いをしたりされたりの時は、ちょっと注意が必要です。

たとえば風邪を引いたネパール人にヨーグルトやフルーツを持って行くと「お前何考えてんだ?」みたいな反応をされます(笑)。日本人的にはお見舞いにフルーツって定番ですけど、ネパール人的には非常識。基本的に冷たい食べ物はお腹を冷やしてしまうので、病気の時に食べるものではないそうです。まあ確かに一理あります。

なので病気のネパール人を見舞う時は気を付けましょう。何が喜ばれるのかは病気の症状や個人の好みにもよりますが、また今度まとめますね。とりあえずヨーグルトやフルーツは、病気の時はあまり喜ばれないということは覚えておいてください。

でもいざ自分がお腹を壊してみると、ヨーグルトくらいしか食べられるものがない。もしくはさっぱりしたフルーツを食べたい。日本だったら近所のコンビニかスーパーに行けば、簡単に調理できるうどんとかも売ってると思うんですが、あいにくネパールにそんなものはない。

というわけで何を食べようか迷いましたが、比較的近所に売っているヨーグルトを買いに行きました。そしてせっかくなので、ちょっとイイやつを食べることにしました。病気の時くらい奮発しないと!ということで、カトマンズの東の街バクタプルからやってきたヨーグルト「ズーズーダウ」を買うことにしたのです。

DSC07458

普通のヨーグルトだと大サイズが110ルピー程度なんですが、このズーズーダウは160ルピーもしました。通常のヨーグルトよりも濃厚で美味しく、あらお高いわっ!と感じさせてくれるズーズーダウ。まさにネパールにおけるヨーグルト界の高級ブランドです。

ズーズーダウはバクタプルで作っているヨーグルトの総称です。「博多ラーメン」とか「宇都宮餃子」みたいなもんですかね。同じズーズーダウでも店舗によって味が微妙に違いますが、濃厚な甘味があるのが特徴です。バクタプルに行けばたくさんお店がありますので、食べ歩いてみるのも面白いですよ。

DSC01641

↑この写真は、以前バクタプル市内のお店で食べたズーズーダウ。本場ではこういう陶器の器で作っていることが多いです。この器は一回使ったら処分されます。この手のひらサイズの一人前のヨーグルトのために器もひとつひとつ作るわけですから、いっそう高級感がありますね。

ズーズーダウは、カトマンズ市内にも入荷しているお店があります。自家製ヨーグルトを作っているお店にはないと思いますが、週一回だけ入荷してるよというお店もちらほら発見しました。ヨーグルト好きな人はぜひ食べ比べてみてください。

DSC06774

ズーズーダウ、猫も大好きです♪