ネパール料理は揚げ物が多いので、油の摂りすぎには注意しなければなりません。それでも美味しくてつい食べ過ぎてしまうメニューがいろいろあります。そんな揚げ物系カジャの中でも、レストランごとにけっこう違って楽しめるのが「パコウダ」です。

衣をつけて揚げてあれば、全部ポコウダということになるんだと思います。ネパール風の天ぷらって感じでしょうかね。ちなみにパコウダの「ダ」は「ラ」に近い感じで、巻き舌で発音します。

IMG_20141225_184742

これはうちの近くのレストランのパニールパコウダ。パニールチーズに衣をつけて揚げたもので、サクサクの衣とちょいとろなチーズの食感がマッチして、めっちゃ美味しい!お勧めです。ネパールのレストランで見かけたら、ぜひ食べてみてください。(どのレストランでも美味しいのかは保証できませんけど)

パコウダはお店によっては、日本のかき揚げみたいな感じのものもあります。レストランで食べると、上の写真のようにプレートに並べられて出てくることもありますが、街中のお店なら1個5ルピーで買えたりします。

やたらとマサラがきいたものもあれば、うどんにそのままのせて食べたくなるような日本人好みのものもあります。うちの近所に生姜風味のパコウダを売っているお店があるんですが、それは本当、うどんにぴったり!

ただお店によっては、身体にめっちゃ悪そうな油で揚げている場合もあります。まあ日本レベルに良い油を使っているお店なんてないわけですが、一応選んだほうがいいかもですね。

ネパールでは外食が続くとどうしても油と塩分の摂りすぎになりがちなので、その分ヘルシーな自炊メニューでバランスを取らないといけません。できるだけ和食を作らないとなぁ。